モスクワ音楽院特別演奏コース

ホーム > MSCコースとは > 教師紹介

MSCコースとは

教師紹介

ユーリ・スレサレフ/Yury Slesarev 【ピアノ】

MSCコース特任教授

ユーリ・スレサレフ

1947年クリミア生まれ。
ロシア人民芸術家、モスクワ音楽院教授(1997~2001年同ピアノ科長)。

モスクワ音楽院ではヴィクトル・メルジャーノフに師事。全ソ連コンクール(1969年エストニア)金賞、モンテヴィデオ国際コンクール(ウルグアイ)優勝など内外のコンクールで優れた成績を修めた後、旧ソ連はもとよりヨーロッパ各国、南北アメリカなど世界各地でコンサートを開催。その演奏活動は現在にまで及んでいる。一方、後進の指導にも情熱を注ぎ、モスクワ音楽院の門下生からは国際コンクール受賞者を数多く輩出。アメリカ、ドイツ、旧ユーゴスラヴィア、韓国、キューバ、日本等でも多くのマスタークラスを担当、 その卓抜な指導力も高く評価されている。CD録音、テレビ・ラジオ出演等多数。

このページのトップへ

ウラディミル・オフチニコフ/Vladimir Ovchinnikov 【ピアノ】

MSCコース特任教授

ウラディミル・オフチニコフ

1958年バシキール生まれ。
ロシア人民芸術家、モスクワ音楽院教授。モスクワ音楽院付属中央音楽学校校長。

モスクワ音楽院ではナセドキン教授に師事。1982年チャイコフスキー国際コンクール第2位(1位なし)、1987年リーズ国際コンクール優勝など入賞歴多数。スヴェトラーノフ、ショルティ、アシュケナージといった著名な指揮者の率いるオーケストラとの共演やソロ・コンサートをカーネギーホール(ニューヨーク)、ロイヤル・フェスティバル・ホール(ロンドン)、ゲバントハウス(ライプツィヒ)など世界の名だたるホールで行っている。CDリリースはEMIより「リスト/超絶技巧練習曲」、「ラフマニノフ/音の絵*練習曲集」、「プロコフィエフ/ピアノソナタ集」、Collinsより「ムソルグスキー:組曲 展覧会の絵」 その他多数。

このページのトップへ

イリーナ・プロトニコワ/Irina Plotnikova 【ピアノ】

MSCコース特任教授

イリーナ・プロトニコワ

モスクワ生まれ。
モスクワ音楽院ピアノ専攻科教授・同院ピアノ科委員会委員・ロシア功労芸術家。

モスクワ音楽院附属中央音楽学校を経て、1972年、モスクワ音楽院入学。R.R.ケーレル教授に師事。 在学中から、各国の著名な国際コンクールに参加し優秀な成績を収める。(「シドニー国際ピアノコンクール」(1977年・第1位)「第8回チャイコフスキーコンクール」(1986年・第3位)「イーヴォ・ポゴレリチ・コンクール」(1993年・第2位)「モンテカルロ・ピアノマスター・コンクール」(1995年・グランプリ)など)1985年、モスコンツェルトのソリストとして、モスクワ音楽院大ホール、ペテルブルク・フィルハーモニーなどロシア国内の一流ホールを拠点に演奏活動を開始。教育活動にも積極的に取り組み、音楽院でG.マルヴィス教授のアシスタントを務めた後、1995年、准教授に就任。現在は、ドレンスキー教授統括下のピアノ専攻科教授職を務める。「モスクワ音楽院夏期講習」をはじめ、「カザン国立音楽院」「韓国スウォン」「中国シャオメン大学」など国際的なマスタークラスでの指導も多数行う。海外での演奏活動も精力的に取り組み、ヨーロッパ、オセアニア、日本を含むアジア地域など世界各国で演奏会を行い人気を博している。レパ ートリーは非常に広く、バロックから現代音楽まで、多岐にわたるジャンルとスタイルのものを含んでいる。「シドニー国際ピアノコンクール」「プロコフィエフ国際コンクール」など、国際コンクールの審査委員に招聘されることも多い。

このページのトップへ

ヴェニアミン・コロボフ/Veniamin Korobov 【ピアニスト】

迸る奔放な激情と絵画を彷彿させる情景描写で聴衆に語りかける

ヴェニアミン・コロボフ

1951年モスクワ生まれ。
モスクワ音楽院教授。ロシア功労芸術家。

1969年、モスクワ音楽院附属中央音楽学校卒業後、モスクワ音楽院入学。
V.A.ナタンソン教授のもとで学び、1974年、同教授クラス最優秀の成績で卒業。
卒業と同時に伴奏者として同院に勤務しつつ、ソリストとしてロシア内外で多彩な演奏活動を開始。
1976年からは同院で教鞭を執るほか、世界各国でマスタークラスを開催。熱心な指導には定評があり、門下から多くの国際コンクール入賞者を輩出している。コンクール審査員歴も多数。
「ロシア・ポーランド・フェスティバル」(モスクワ、1997年)実行委員会秘書、「若い音楽家のロシアフェスティバル」実行委員会副議長など、国際音楽祭の運営にも尽力。
「B.スピヴァコフ国際慈善基金(MBF)」主任アドヴァイザーも務める。

このページのトップへ

アレクサンドル・ヴェルシーニン/Alexander Vershinin【ピアノ】

MSCコース特任教授

アレクサンドル・ヴェルシーニン

1965年モスクワ生まれ。
モスクワ音楽院教授。

1984年、モスクワ音楽院付属中央中等特別音楽学校卒業(功労教師E.P.ホヴェンおよびV.A.エルマチェンコのクラス)。1992年、優秀な成績でモスクワ音楽院を卒業(人民芸術家のY.スレサレフ教授のクラス)。
ジーナ・バッカウアー記念国際コンクール、第1回ウラジーミル・ホロヴィッツ記念国際コンクールなどで入賞を果たす。国内外で積極的な演奏活動を行うとともに、コスタリカ、韓国、スペイン等でマスタークラスを行う。レパートリーは、ソロ曲、室内楽曲、管弦楽を伴うピアノ曲など、様々な時代・スタイルの音楽を含む。作曲家A.N.スクリャービンの創造遺産を広めるための地域社会基金「A.N.スクリャービン基金」の会員(2001年から)。

このページのトップへ

アルチョム・アガジャーノフ/Artem Agazhanov【ピアノ・音楽理論】

MSCコース教授

アルチョム・アガジャーノフ

1958年、モスクワ生まれ。

モスクワ音楽院で作曲をバラサニアン、ピアノをゴルノスターエワ、同大学院では作曲をシデリニコフに師事。卒業後はモスクワ音楽院付属中央音楽学校で作曲・音楽理論を指導。オーケストラ、カンタータ、バレエ、合唱曲、声楽曲、室内楽、ピアノ、映画音楽など多岐にわたる作品を発表。代表作は、小林一茶などの俳句に着想を得た「六つの日本の俳句」(声楽曲)、ショパンの前奏曲ハ短調の主題による変奏曲(ピアノ独奏曲)、バレエ音楽「恐ろしい復讐」、カンタータ「グロリア」等がある。作曲家としてばかりでなく、あらゆる楽理に精通した学級肌のピアノニストとしての評価も絶大。精緻な分析力に裏打ちされた率的かつ閃きに満ちたパフォーマンスは他の追随を許さぬ輝きを放っている。2006年には、バッハの平均律作品に取り組んだCD作品「The Unknown J.S.Bach - 知られざるバッハ(National Record Club Russia ).」をリリース。自身の連想から各作品に新たな題名を付し演奏するという独自の解釈を試み、自由で新しいバッハの世界を構築した。自作自演の室内楽作品のCD等も多数リリース。これまでの共演指揮者は、V.コジュハリ、V.ポニキン、Y.トカチェンコ、共演オーケストラは、ウクライナ国立管弦楽団、モスクワフィルハーモニー管弦楽団、ロシアフィルハーモニー管弦楽団など。

このページのトップへ

アンドレイ・ジェルタノク/Andrii Zheltonog【ピアノ】

MSCコース教授

アンドレイ・ジェルタノク

1972年ウクライナ生まれ。

モスクワ音楽院および同大学院ではセルゲイ・ドレンスキー教授に師事。1997年よりモスクワ音楽院で、ナウム・シュタルクマン教授のアシスタントとして指導を始める。1995年ディヌ・リパッティ国際コンクールで第2位、1997年ラフマニノフ国際コンクールで第3位など、数々の国際コンクールで入賞。詩情豊かなショパン、叙情的なチャイコフスキー、スケールの大きいラフマニノフなどのロマン的な作品を得意とする。(http://pianofiles.narod.ru/)で演奏を試聴可能。ロシアやウクライナはもとよりドイツ、オーストリア、イタリア、スペイン等で演奏活動を行っている。

このページのトップへ

アンドレイ・ミキタ/Andrii Mikita【ピアニスト】

アンドレイ・ミキタ

グネーシン音楽アカデミー 音楽応用芸術科 准教授
作曲家、ピアニスト、教師、音楽社会活動家。

1959年レニングラード(現在のサンクトペテルブルグ)に生まれる。
作曲科とピアノ科をレニングラード音楽院付属レニングラード10年生中学でT.B.ルムシェビチ、V.G.アルズマナフ、Y.A.シマキン、レニングラード音楽院で、N.E.ペレルマン、B.I.ティシチェンコに学びモスクワ音楽院に移る。S.G.ネイガス、Y.V.マリーニン、T.N.フレンニコフ、T.A.チュドヴァ、A.V.チャイコフスキーの下で学ぶ。1989年から作曲家同盟の一員。現在、“モスト”(モスクワ作曲家同盟による音楽連合“現代の伝統”)の会長を務める。
作曲や音楽分野の国際コンクールの審査員を務める。現代音楽文化の現在の問題に関しての自身の記事や論評、インタビューが紙面やインターネット出版で掲載されている。
また、彼の音楽は“ロシアーk”(有名なロシア文化チャンネル)、“ロシア社会テレビ”、“ロシアラジオ”、“ナショナル・ラジオ”などのラジオ、テレビ放送でも作品が紹介され、CDも出ている。

このページのトップへ

アレクセイ・カマロフ/Alexey Komarov【ピアノ】

MSCコース特任准教授

アレクセイ・カマロフ

1976年カザフスタン共和国生まれ。
モスクワ音楽院付属音楽カレッジ、グネーシン音楽アカデミー教師。

モスクワ音楽院付属中央音楽学校からモスクワ音楽院大学院終了までスレサレフ教授に師事。1999年ポーランド第一回リスト国際コンクール第3位、2001年パデレフスキー国際コンクール第2位など、国際コンクールで多数入賞した後も、イタリアでラザール・ベルマン、ペトルシャンスキーのもとで研鑚を積む。ダイナミックな疾走感溢れるヴィルトオーゾ的な作品から情緒纏綿たるロマン派の諸作に至る迄、幅広いレパートリーを斬新な解釈で弾き分ける才気煥発な演奏家としての天賦の才に絶大なる賛辞が寄せられている。古典のみならず、ジャズとクラシックを融合させた作風で知られるロシア現代作曲家・カプースチン作品なども得意とする。

このページのトップへ

デニス・チェファーノフ/Denis Chefanov 【ピアニスト】

躍進を続ける実力派ピアニスト 華麗なる超絶技巧で多くのファンを魅了!

デニス・チェファーノフ

1974年チュメニ生まれ。

4歳からピアノをはじめ、1984年、カザン国立高等音楽院付属中等音楽学校入学。功労教師N・L・ハキモヴァに師事。成績優秀者に贈られる金メダルを得て卒業。 1992年、モスクワ音楽院に入学。ナウム・シュタルクマン教授のもとで研鑽を積む。
同院では、シュタルクマン、アレクセイ・ナセドキン両教授からクラス・アシスタントに推挙される。
入賞歴は「キエフ国際ピアノコンクール」グランプリ、「キール国際ピアノコンクール」第3位他。
現在、ソリストとして、またアンサンブルの一員として世界各国で精力的に演奏活動を展開。
モスクワ音楽院中央音楽学校で教鞭をとり、門下から国際コンクール入賞者を数多く輩出。国際コンクール審査員歴も多数。
2004年から、ユネスコが支援する青少年教育プログラムに教師として参加している。

このページのトップへ

ヴャチェスラフ・グリャズノフ/Vyacheslav Gryaznov【ピアノ・音楽理論】

MSCコース特任講師

ヴャチェスラフ・グリャズノフ

1982年ユジノサハリンスク生まれ。
モスクワ音楽院講師。

1991年から2001年までモスクワ音楽院付属中央音楽学校、M.V.カンデラキのクラスで学ぶ。2006年、優秀な成績でモスクワ音楽院卒業(Y.S.スレサレフ教授クラス)、2009 年大学院修了。1997年、ルビンシュタイン記念国際コンクール(ロシア・モスクワ)第1 位、1998年、ラフマニノフ記念国際コンクール(イタリア)第1 位など数々の国際コンクールに入賞。2008年よりモスクワ音楽院でY.S.スレサレフ教授のアシスタントとして教鞭をとっている。2008年よりモスクワフィルハーモニーのソリストおよび専属アーティストとしても活動している。また、最も素晴らしい現代若手編曲家の一人としての評判を得ており、その作品の多くが出版されている。

このページのトップへ

アレクサンドラ・マカレービチ/Alexandra Makarevichi 【ピアニスト、ピアノ伴奏者】

美貌と実力を併せ持ち、繊細かつダイナミックな演奏で聴衆を魅せる!

アレクサンドラ・マカレービチ

1993年、モスクワ音楽院付属中央音楽学校入学。世界的指導者レフ・ナウモフ教授の薫陶を受ける。
1997年、モスクワ音楽院入学後から、2004年同大学院修了までユーリ・スレサレフ教授のもとで研鑽を積む。
「クーセヴィツキー記念コントラバスコンクール」(サンクトペテルブルク)最優秀伴奏者、「セニガッリア国際ピアノコンクール」(イタリア)入賞、「全連邦コンクール」第1位などの優勝歴をもつ。
ソリストのみならず、伴奏者としても卓抜した才能をもち、現在は、世界各国でソロ、アンサンブルなど多様な演奏活動を精力的に展開する傍ら、モスクワ音楽院高等課程、モスクワ軍音楽学校の伴奏者、モスクワ陸軍幼年音楽学校ピアノ指導者なども務めている。

このページのトップへ

ウラディミル・イワノフ/Vladimir Ivanov【ヴァイオリン】

MSCコース特任教授

ウラディミル・イワノフ

1967年、モスクワ生まれ。
モスクワ音楽院教授・同院オーケストラ学科学長・ロシア人民芸術家。
モスクワ音楽院及び同大学院卒業。

音楽院では、M.C.グレザーラヴァ、Y.I.ヤンケレーヴィッチ教授に師事。
1972年「バッハ国際コンクール」第一位、1974年「カーチ・パポボイ国際コンクール」金メダル受賞、1976年「ラヴェル国際コンクール」第一位、1996年「モスクワ賞」受賞など数々の優勝、受領歴をもつ。
1995年から、モスクワ音楽院で教鞭をとる。
また、モスクワ国立フィルハーモニーオーケストラの専属ソリストとして活躍。A.Z.ボンドリャンスキー、M.U.ウートキンらと共にモスクワ・トリオを結成。室内楽奏者としても成功を収める。レコーディングした作品は40作以上にのぼる。 指導者としても卓抜しており、情熱的な指導により、門下生から国際コンクール上位入賞者を多数輩出。ロシア国内をはじめ、ドイツ、イタリア、アメリカ、フィンランド、ギリシャ、韓国など各国でマスタークラスを実施している。

このページのトップへ

セルゲイ・クラフチェンコ/Sergey Kravchenko【ヴァイオリン】

MSCコース特任教授

セルゲイ・クラフチェンコ

1947年生まれ。
モスクワ音楽院教授・ロシア人民芸術家。

モスクワ音楽院入学後、L.コーガンに師事。「パガニーニ国際コンクール」(1969年)、「シーボルト国際コンクール」、「リジェ室内楽コンクール」など数々の国際コンクールで受賞、成功を収める。モスクワ音楽院では、1972年よりコーガン教授クラスのアシスタントを経て、正教授となる。1996年から2001年までは、オーケストラ学科学科長を務めた。「チャイコフスキー国際コンクール」、「ブラームス・コンクール」、「オイストラフ・コンクール」などでは、審査委員を務める。ロシア国内だけでなく、ドイツ、ハンガリー、ポーランド、アメリカ、フランス、日本。台湾、ユーゴスラビアなど世界恰好でコンサート活動及びマスタークラスを行う。門下生から多くの国際コンクール上位入賞者を輩出しており、指導者としての人気も高い。ロシア、フランス。イタリアなどでレコーディング作品をリリース。ヴァイオリンについての著書も好評を博している。

このページのトップへ

ロシア語講師

アンナ・オランスカヤ

ロシア国立プーシキン記念ロシア語大学卒業。現在は同大学でロシア語教師を務める。くらしき作陽大学には2010年より来日、学生を指導するかたわら、自身も日本語の修得に励んでいる。

このページのトップへ