モスクワ音楽院特別演奏コース

ホーム > MSCコースとは

モスクワ音楽院とは

沿革

唯一の海外公式認定コース

倉敷のキャンパスでモスクワ音楽院のレッスンが実現

アレクサンダー・ソコロフ

モスクワ音楽院特別演奏コース(MSCコース)は、モスクワ音楽院と全く同じカリキュラムを、ロシア本校以外で唯一受講できる世界初の同院公認ソリスト育成コースとして、くらしき作陽大学音楽学部に創設(2000年)されました。(ピアノとヴァイオリンの2専修)
音楽院と同大学とが締結した文化交流協定にもとづき両校が共同で運営しています。
モスクワ本校に留学する以外に接する方法がなかった同院の指導プログラムが、4年間を通して自国に居ながら学習できるという恵まれた教育環境が世界で初めて日本に誕生したのです。
マンツーマン実技レッスンでは、基本的に年度始めの4月と年度末の1、2月に主任クラスの教授が来日し、その間をその他の教授・准教授・講師らが担当する体制を取っています。時期ごとに指導教師が替わることについて不安に思うかもしれませんが、教師間でのレッスンカルテ共有など引継ぎ体制が万全のため、心配無用です。

音楽を学ぶ日本の皆さんにロシアン・メソッドを学ぶ機会を提供するという画期的な試みが実現し、大変誇らしく思っています。皆さんのチャレンジをこころから期待します。

─アレクサンダー・ソコロフ
<モスクワ音楽院院長>

参考データ

くらしき作陽大学公式サイト http://www.ksu.ac.jp/

このページのトップへ

システム(特色)

世界を見据えた学びのシステム法

モスクワ音楽院本科への編入が可能な国際ソリストのための実践的キャリア開発コース

教科書「音楽家のための
ロシア語」シリーズ

渡部 乃亜

トップクラスの世界的ソリスト(いずれも主要国際コンクール上位入賞経験者)として、また優れた教育者として世界中で活躍するロシア人教師を本校より招致、音楽院140年の歴史と伝統に培われたロシアン・メソッドによるマンツーマン実技レッスン、将来のモスクワ留学、国際舞台での演奏活動等に備えた実践的ロシア語指導(プーシキン大学からロシア人専任教師を招聘し、専門の教科書「音楽家のためのロシア語」シリーズを使用)を核とするカリキュラムを実施しています。なお、1、2年次の実技レッスンは、音楽院留学経験者を中心とした専属のロシア語通訳を伴って行います(3,4年次からは通訳なし)。
本コースを卒業すると、モスクワ音楽院本科への編入が可能(編入学年については、留学試験の成績によりモスクワ音楽院が決定します)。同音楽院卒業資格取得に挑戦するチャンスが得られます。

モスクワ音楽院の先生方に週に2回のレッスンを受けられるMSCコースは私にとってかけがえのない場所です。将来は、モスクワ音楽院留学を見据えて充実した環境のもと、日々レッスンやロシア語の授業に取り組んでいます。

─渡部 乃亜
<モスクワ音楽院特別演奏コース(MSC) ピアノ科4年(2016年現在)>

レッスン動画


Mikita先生のレッスン

Oranskaya先生のロシア語授業
このページのトップへ

教師陣

選び抜かれた精鋭指導者たち

あなたを鍛えるのはモスクワ音楽院出身の現役ロシア人アーティスト

ウラディミル・オフチニコフ レッスン風景

音楽院が本コースのために厳選した教師陣は、全員が国際コンクール上位入賞者、またはそれに準じた経歴をもち、世界の舞台で活躍する現役の演奏家、指導者たちです。
「モスクワ音楽院」本校では、多忙な担当教授陣に学生自らが連絡を取ってレッスンを取り付けることから始めなければなりませんが、本コースでは60分×週2回のレッスンが確保されています。これは「モスクワ音楽院」の学生もうらやむほどの贅沢な環境、いわば本コースならではの特権です。
彼らとともに過ごす4年間の学生生活から、国際舞台で活躍するアーティストにふさわしい大切な「音楽」+「α」を体得できます。落ち着いた古都倉敷に築かれたこの豊かな教育環境は、本コースが世界に誇るべき唯一無二のものに他なりません。

ロシアン・メソッドによって新しい時代をリードする若きヴィルトゥオーゾを育てる、という本コースの取り組みに教師として参加できることに興奮を禁じ得ません。

─ウラディミル・オフチニコフ
<モスクワ音楽院教授 モスクワ音楽院 特別演奏コース(MSC)特任教授>

教師紹介はこちら
このページのトップへ

カリキュラム

夢実現を応援する充実のカリキュラム

「音楽」を学び、「ロシア」語を学び「自立のための知識」を得る

アルチョム・アガジャーノフ

本コースには、「音楽」を学ぶことに加え、音楽家としての自立に必要な語学力やコミュニケーション力、マネージメント力など、社会人に求められる現実的な資格や知識を体得するカリキュラムが整っています。
こうしたシステムにより、本コースはモスクワ音楽院留学実績国内教育機関最高位を達成しました。(開講以来15名の学生、8名大学院修了)

本コースは、学生がモスクワ音楽院の精神とメソッドを総合的に学ぶことのできる日本で唯一の大学だと思います。本コースで常に努力を続ければ、必ずや目的を達成できるでしょう。

―アルチョム・アガジャーノフ
<ピアニスト 作曲家 モスクワ音楽院特別演奏コース(MSC)教授>

MSCコース入学から卒業まで
このページのトップへ

カウンセリング

各分野の専門家が対応

夢実現のためのキャリア・デザインを支援

─角田珠実

本コースでは、在学生の個性や将来の希望に副ったキャリア開発のための個人相談を随時受け付けています。
的確なアドバイスとキャリアプラン設計を行うために、クラシック・メディア・留学など各分野の専門家がカウンセラーとして対応にあたります。
どんなことでも気軽に相談してください。必ず道は拓けます!

大学の4年間、音楽コンクールに積極的にチャレンジしていただきます。その際、どのコンクールを受けるか、選曲についても相談にのります。
一緒に夢に向かって進んでいきましょう。

─角田珠実
<MSCサポートセンター キャリア・カウンセラー コンクール・アドバイザー>

このページのトップへ

コンクール、演奏会、音楽祭等への参加

目指せ!世界のコンクール

優勝歴、審査経験豊富なロシア人教師たちが全力でサポート

イリーナ・プロトニコワ

本コースでは、国内外を問わずコンクールに挑戦する皆さんを応援しています。それぞれの実力に相応しいコンクールの選び方、課題曲の選定、レパートリー、ステージマナーに至るまで、優勝を目指して、教師・サポートセンタースタッフらが一丸となってきめ細やかなサポートを行います。また、国際コンクール出場を支援するためのチャレンジ奨学金なども用意されています。(要担当教師の推薦)

私を含め本コースの教師たちは皆、学生時代に数多くの国際コンクールに出場し優勝した経験をもっています。また現在では、そうした国際コンクールに審査委員として参加しています。
ですから、皆さんそれぞれに適切な傾向と対策をアドヴァイスすることができるのです。
いっしょにチャレンジしましょう!

─イリーナ・プロトニコワ
<モスクワ音楽院教授 モスクワ音楽院特別演奏コース(MSC)特任教授>

参考データ

世界のコンクール情報サイト Bakitone http://www.bakitone.com/

このページのトップへ

キャリアガイダンス

目指せ!日本とロシア ふたつの大学卒業資格

モスクワ音楽院卒業資格取得が可能

本コースでは、日本の大学では唯一、卒業時に実施される留学試験に合格すると、モスクワ音楽院本科に編入が可能です(編入学年については、留学試験の成績によりモスクワ音楽院が決定します)。
編入後本科で2年間学ぶと、モスクワ音楽院本科卒業資格(日本の大学院修士過程卒業相当)が得られ、併せて世界で通用するロシア国家ディプロマ(ロシア政府公認のソリスト、指導者他の資格)も授与されます。
この進路を選択すると、日本の4年生大学卒に加え、モスクワ音楽院卒業というふたつの大きなタイトルが、あなたの音楽家としてのキャリアとなるのです。
他にも、本コースの多彩な教育プログラムから、あなたの願う将来像を実現するために最も相応しい学びのプランを選ぶことができます。

本コースでは、入学から最短6年で、それらが得られることになりますが、仮に、本コース以外でこれらのタイトルを得るためには、高校卒業から音楽院予備科に留学、本科入学、卒業という3段階のプロセスを経なければならず、最短でも7〜8年以上が必要です。

─アレクサンダー・ソコロフ
<モスクワ音楽院院長>

このページのトップへ

特待生・奨学金

未来の音楽家たちを応援します

安心して学びに集中できる特待生・奨学金制度

本コースには、くらしき作陽大学の特待生・奨学金制度は別に、ロシア・チャイコフスキー基金の支援による独自の奨学金制度があります。

チャイコフスキー基金 モスクワ研修奨学金

将来MSCコースへの入学を希望する高校生を対象にロシア国立モスクワ音楽院等で実施する「モスクワ研修」の参加費用(旅費・滞在費等)を助成する給付型奨学金です。

募集要項

対象 全国の高等学校在学中の高校2年生と3年生(5名程度)
条件 くらしき作陽大学「モスクワ音楽院特別演奏コース(MSC)」に入学し、卒業まで4年間在学する意志のあるもの。
条件 受給希望者は、以下の条件を満たすこと。
  1. くらしき作陽大学「モスクワ音楽院特別演奏コース」入学を目指し、入学前に同コース本校モスクワ音楽院の現地視察、同院教授陣によるロシアン・メソッド個人レッスン並びにコース・ガイダンスの受講その他を希望するもの。
  2. くらしき作陽大学「モスクワ音楽院特別演奏コース」入学を目指し、同大学が主催する「受験講習会」に、参加経験を有するもの。(申込済みについても受け容れる)
給付形態と給付額 返済不要の給付型奨学金として10万円の研修参加費用を支給
応募・審査 書類審査

応募〆切、研修プログラム日程、その他詳細については事務局まで問合せのこと

ロシア・チャイコフスキー基金とは

モスクワ音楽院、ペテルブルグ音楽院、グネーシン音楽大学等の教育機関並びにチャイコフスキーコンクール入賞者連盟他に所属するロシアの楽壇関係者によって、音楽文化の発展に寄与する社会貢献活動を行っている非営利財団

お問い合わせ

MSCサポートセンター
〒251-0046
神奈川県藤沢市辻堂西海岸3-1-43-209
Tel : 0466-51-8986(月〜金)10:00〜17:00 担当:増田
E-Mail : info@eurasia-staff.net

参考データ

くらしき作陽大学 特待生・奨学金制度 http://sakuyo.hisc.co.jp/campus_life/support_system/index.html

このページのトップへ

留学

多彩な留学体験

音楽 芸術 ロシア語 ビジネス本物のスキルを磨く実践的研修プログラム

研修旅行でのレッスンの様子

本コースには、モスクワ研修旅行、短・中期留学、春・夏季「プーシキン大学」語学研修、音楽ビジネス・インターンシップなど、在学中にモスクワで行う研修プログラムが数多く設けられています。
例えば、研修旅行では、モスクワ音楽院でのレッスン、同院大ホール、ボリショイ劇場などのバックステージ見学、チャイコフスキーの家博物館収蔵品鑑賞などをはじめ、ロシアの芸術文化に直に触れる貴重な体験を提供します。

本コースのモスクワ研修プログラムに積極的に参加し、世界を牽引し続けているロシアの音楽や文化の素晴らしさを体感し、世界で通用する本物のテクニック、音楽性、教養、マナー、感性、ビジネス・スキル、そしてロシア語力を磨いてください。

─アレクサンダー・ソコロフ
<モスクワ音楽院院長>

このページのトップへ

Q&A

教えてMSC

もっと知りたいMSCコース

本コースの魅力はまだまだ、語り尽くせません。
皆さんの様々な質問にQ&A形式でお答えします。
下記PDFデータをご覧ください。

Q&A PDF

このページのトップへ

卒業生メッセージ

卒業生からのメッセージ

音楽の未来を担う仲間たちに!

国内外の様々な領域で精力的に活躍する個性あふれる先輩たちから寄せられたメッセージをお届けします。

藤本 夕子

2006年にMSCコースを卒業後、モスクワ音楽院へ留学し、大学院を2010年に修了しました。現在はMSCコースのロシア人教授陣のアシスタントとしてレッスンやマスタークラス等の通訳をすると共に、学生の相談や演奏アドバイスなどのサポートをしています。同時に、出身地である広島県福山市の「ふくやま芸術文化ホール・リーデンローズの登録アーティスト」として演奏活動も行っています。MSCコースの先生は、演奏家としても、人間としても尊敬できる方ばかりです。そのような一流のアーティストから週2回もレッスンを受けられる学生は本当に幸せです!

藤本 夕子(広島県 盈進高等学校出身)
2006年ピアノ専修卒業
モスクワ音楽院大学院を2010年に修了
ESC職員・MSCコース アシスタント・通訳
ふくやま芸術文化ホール・リーデンローズ登録アーティスト

上森 佳枝

私の場合、MSCコースは全然希望大学に入っていませんでした。なんとなく受けて入ったコースでしたが、結果としてこのコースで勉強できて感謝でいっぱいです。もし他の大学に行っていたら音楽を大好きになることもモスクワ音楽院に留学することもなかったでしょう。モスクワ音楽院の先生方は本物の音楽を惜しみなく伝えようとしてくれました。先生の出す音を私も出したい!私もあんな演奏がしたい!どうすれば出せるんだろう?と必死に食らいついた4年間でした。終わることのない追求ですが音楽を勉強できるって本当にすてきなことですよ!

上森 佳枝(岡山県立岡山城東高等学校出身)
2006年 ピアノ専修卒業
モスクワ音楽院大学院を2010年に修了
現在岡山県立岡山城東高等学校非常勤講師

藤堂 七織

MSCコース卒業後、モスクワ音楽院本科4年への編入を許された私は、その後、無事、念願だった大学院に進むことができました。
同時に、プーシキン大学の大学院にも、授業料免除の特待生として入学を許可されることとなり、現在は、ふたつの大学院でそれぞれの専門を学び、ダブル・ディグリーの取得を目指して、日々勉強に励んでいます。音楽もロシア語も、わたしにとってかけがえのないもの。両立させるのは、決してたやすいことではありませんが、MSCコースでの4年間の学びを糧に、夢に向かってがんばっていこうと思っています。

藤堂 七織(大阪府立北野高等学校出身)
2009年ピアノ専修卒業
2015年モスクワ音楽院大学院修了
ESC籍職員・MSCコース アシスタント・通訳

山下 陽子

このコースは、週2日のレッスンに加え、定期的な公開コンサートも行われるので、休む間なく音楽に没頭できました。それも自発的に楽しんで取り組めました。
世界に誇るモスクワ音楽院の先生方が、ここ倉敷でレッスンをしてくださることが夢のようで、レッスン一回一回が本当に刺激的で貴重な時間でした。
先生方が弾いてくださる音の響き、音楽の造り方、また醸し出す雰囲気は、このコースでしか味わえないことだと思います。
ここで勉強した4年間は、私の人生にとって、かけがえのない財産となりました。

山下 陽子(岡山県 山陽女子高等学校出身)
2008年ピアノ専修卒業
2012年モスクワ音楽院大学院修了
ソロ、室内楽などの演奏活動のほか、
山陽女子高等学校、くらしき作陽大学、各非常勤講師
ピアノ講師・MSCコース アシスタント・通訳

安田 幸希子

高校生の時は教育学部を目指していましたが、MSCコースの先生の演奏を聴いて感動、本コースに入学しました。現役のピアニストや音楽家の先生から学べることはたくさんありすぎて、ついていくのは大変でした。でも苦労した分とても貴重な経験になりました。このコースで学んで1番感謝していることは音楽の素晴らしさを知り、心から音楽を好きになれたことです。ここでは中学校免許1種、高等学校免許1種も取得できました。卒業生には演奏家、指導者、ロシア語通訳がいることからも、ピアノ演奏の技術を学ぶことに加え卒業後に様々な道が開けているということも特筆すべきだと思います。

安田 幸希子(岡山県立岡山城東高等学校出身)
2008年ピアノ専修卒業
2012年モスクワ音楽院本科修了
ソロ、室内楽などの演奏活動のほか、くらしき作陽大学非常勤講師
ピアノ講師・MSCコースアシスタント・通訳

このページのトップへ