モスクワ音楽院特別演奏コース

ホーム > 関連事業

関連事業

ロシアン・メソッド体験プログラム

個人レッスン、マスタークラス、レクチャー

あなた自身で体験するリアル・モスクワ音楽院レッスン

新潟での公開レッスンの様子

本コースへの入学を希望する皆さんをはじめ、将来「モスクワ音楽院」への留学を目指す皆さん、音楽教師の方々などを対象としたロシアン・メソッドによるカウンセリング方式の体験レッスン・プログラムを、各地の高等学校や音楽教室などで実施しています。
指導にあたるのは、もちろん本コースに赴任しているモスクワ音楽院のロシア人教師たちです。

主なプログラム内容
  • 個人レッスン
  • 公開マスタークラス
  • レクチャーなど
モスクワ音楽院の教師たちによる本物のロシアン・メソッド・レッスンを是非一度体験してください。あなたが変わります。そして、あなたの音楽が変わります。

─アレキサンダー・ソコロフ
<モスクワ音楽院院長>

レッスンのお申込はこちら

このページのトップへ

モスクワ音楽院ジュニア・カレッジ

ロシアン・メソッド早期英才教育プログラム

国際コンクールを目指す児童・生徒たちのために継続的な個人指導とカウンセリングを提供

アンドレイ・シェルバク

国際コンクールへの出場を目指している小学校3年生から中学校3年生までの児童・生徒のためのロシアン・メソッドによる早期英才教育プログラムです。
モスクワ音楽院ロシア陣教師たちが指導にあたります。
「ショパン」「チャイコフスキー」など各国主要コンクールの優勝者たちの多くが学んでいるロシアン・メソッドによるにレッスンとカウンセリングを継続的に行い、将来的には各コンクールで優勝を勝ち取れるレベルに育てていくことを目指します。
レッスン内容は、受講者の目標に応じて自由に設定可能です。
最高峰ジュニア・コンクールである「若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」を目標とする特別コースなども用意しています。

ジュニア・クラスの皆さんが、モスクワ音楽院現役教師たちによるマンツーマン・レッスンを継続的に受講できる環境は画期的なものです。本物の演奏家たちが丁寧に、きめ細かく皆さんと向き合い、時間をかけて一流のアーティストへと育て上げていきます。

─アンドレイ・シェルバク
<チャイコフスキー国際コンクール入賞者連盟(ATCS)理事長>

レッスンのお申込はこちら

このページのトップへ

若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール

最難関ジュニア・コンクール

ラン・ラン 上原彩子を生んだ若きソリストの登竜門

第2回大会優勝時のラン・ラン

世界3大コンクールのひとつである「チャイコフスキー国際コンクール」姉妹コンクールとして、1992年に創設された最難関ジュニア・コンクールです。
ピアノ、ヴァイオリン、チェロの3部門から成り、参加資格は8歳以上17歳以下(参加年齢・条件は開催国により多少異なります)、第1次、第2次審査のソロ演奏を経て、最終審査ではオーケストラとのコンチェルト演奏が課され、審査方法、基準などはすべて「チャイコフスキー国際コンクール」に準じます。
審査委員団には、モスクワ音楽院特別演奏コース(MSC)の教師たちが加わっています。
国際コンクールとしては唯一、開催地を固定せず、4年に1度、開催希望国の要請に基づいて主催者と開催国が共同で運営を行うワールドカップ・スタイルでの開催というユニークなシステムで行われており「第5回大会」(2004)は、倉敷市が名乗りを上げ、くらしき作陽大学のキャンパスを中心に実施されました。
(本コースの運営を支援しているNPO法人ユーラシア交流支援センター(ESC)が主催者の一員に加わっています)

このコンクールに参加し、音楽を心から楽しめた経験があったからプロのピアニストになれた。

─ラン・ラン
<ピアニスト(「第2回大会」(1995)第1位)>

参考データ

ESCサイト http://www.eurasia.jp/concour/
第9回ノボシビルスク(ロシア)大会公式サイト(英語)
http://tchaikovsky-competition.net/?lang=en
http://jp.sputniknews.com/culture/20150327/95471.html

このページのトップへ

クリンの春音楽祭

チャイコフスキーの家博物館で開催される国際音楽祭

北海道コンクール・シューレ・ESC寄託賞受賞者・国際デビュー・コンサートなど日露音楽家による多彩なプログラムを実施

第1回クリンの春音楽祭会場外観

第2回クリンの春音楽祭の様子

モスクワ・クリンにあるチャイコフスキーが晩年を過ごした邸宅をそのまま博物館としたチャイコフスキーの家博物館で、毎年春に開催される国際音楽祭です。
北海道コンクール シューレ・ESC寄託賞受賞者に送られる海外デビュー演奏会、日本人演奏家をソリストに迎えたロシア・シンフォニー・オーケストラ(若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール公式オケ)とのコンチェルトなど、日露音楽家による競演をメインとした多彩で魅力的なプログラムが春のモスクワを彩ります。
(主催者は、本コースの運営を支援しているNPO法人ユーラシア交流支援センター(ESC)です)

このページのトップへ

モスクワ音楽院サマー・セミナー

児童・生徒のための夏季集中レッスン

ロシア人一流アーティストたちと過ごすレッスンと触れ合いの夏合宿

主としてジュニア・カレッジ受講者の皆さんを対象に行う合宿スタイルの夏季集中レッスン・プログラムです。
時間の限られた通常のレッスンやマスタークラス等では決して得ることのできない、ロシア人教師たちとの深い人間的な触れ合いを体験できます。単なる技巧の習得のみならず、次世代を担う音楽家、芸術家としての将来の糧となる精神的なマナーや心構え、自己表現の方法、国際コンクールで勝ち抜いていくためのモチベーションの高め方などを総合的に学びます。
大学のある倉敷市での開催を主としていますが、モスクワ音楽院、同付属中央音楽学校、グネーシン音楽院アカデミーなどで学ぶ夏季短期留学型の企画なども実施予定です。

このページのトップへ

ESCインターンシップ研修生プログラム

国際舞台で活躍する若者を応援

実践的な能力開発の機会を提供し就業、自立を支援

NPO法人ユーラシア交流支援センター(ESC)(本部神奈川県藤沢市)が運営。
大学(大学院)在学生等を対象に、国内、海外(ロシア)の企業、団体、教育機関、非営利組織等で実施する実務体験プログラム(就業又は研修)などを提供し、将来、国際文化交流活動の第一線で活躍することを目指す意欲ある若者たちを応援する社会貢献事業です。

本当にいい環境で活動できました。ロシアでこのような現地で自分の目的に合わせて企業研修ができるプログラムに参加できて本当に貴重な体験でした

─池田カナ子
<フォトグラファー
2008年 第1回ESCインターンシップ研修プログラム(モスクワ企業就業体験・語学研修)受給者>

参考データ

ESCサイト http://www.eurasia.jp/intern/
池田カナ子・フォト・ギャラリー http://www.eurasia.jp/intern/09051802.htm

このページのトップへ