モスクワ音楽院特別演奏コース

ホーム > NPO法人ESCプロフィール

NPO法人ESCプロフィール

正式名称 特定非営利活動法人ユーラシア青少年交流推進支援センター
略称 NPO法人ユーラシア交流支援センター
英略 ESC
設立 2002年(平成14年)7月26日

設立趣旨

  1. 日本ロシア・CISなどのユーラシア各国において「芸術」「文化」「スポーツ」「学術研究」等を核とする青少年のための国際交流活動を推進及び支援する。
  2. 同世代の若者たちが「感動体験」を共有できる機会と場の提供を図る。
  3. こうした体験を通じて、異文化を理解し尊重する柔軟な想像力を備えた青少年の育成を目指す。
  4. 国境・文化・歴史・伝統を越えた市民レベルの相互理解の推進を目指す。
このページのトップへ

ロシア協働機関 ─国際パートナー・公式代理機関その他)─

  • チャイコフスキー国際コンクール入賞者連盟(ATCS)
  • チャイコフスキー記念ロシア国立モスクワ音楽院
  • ロシア・チャイコフスキー基金
  • クリン・チャイコフスキーの家博物館
  • ロシア科学アカデミー 他
このページのトップへ

歩み

旧ソビエト時代の1980年から日露を結ぶ数々の国際交流事業 ─ 「すばらしい世界旅行」「知らざれる世界」(映像記録/日本テレビ)、「日ソ・テレビ・フェスティバル」、「チャイコフスキー国際コンクール」「若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」、「日露合同マンモス発掘調査」他 ─ を積み重ねてきた前史を持つ。

2000年、「チャイコフスキー記念ロシア国立モスクワ音楽院」の公式日本代理機関として「くらしき作陽大学 モスクワ音楽院特別演奏コース(MSC)」の運営を委託されたことを契機に日露ばかりでなくユーラシア全域を視野に収めたより一層多様で有意義な交流の推進を目指し、NOP法人として新たにスタート。

2003年、モスクワ市内に日本人スタッフが常駐する現地事務所を開設。
「松竹大歌舞伎-中村雁次郎・近松座モスクワ・サンクトペテルブルク公演(松竹・外務省他)」「宮沢和史モスクワ公演(国際交流基金)」等のプロデュース・コーディネートを行う他、ロシア国営テレビの人気紀行番組「イン・サーチ・オブ・アドヴェンチャーズ」(4作品)の日本取材のコーディネーション、ロシア科学アカデミー動物学研究所及び長野県古生物学博物館と共同で「愛・地球博・マンモス館」の出展に協力するなど多彩でスケールの大きな交流活動を展開し現在に至る。

近年は特に活動領域をクラシック音楽の分野に絞り、ロシア国立モスクワ音楽院が培った世界標準の演奏家指導法として知られるロシアンメソッドの我が国への普及を目的とする青少年のための様々な教育事業を行っている。

このページのトップへ

現在の主たる事業

  • 「くらしき作陽大学 音楽学部 モスクワ音楽院特別演奏コース(MSCコース)」運営支援
  • 「新潟県立新潟中央高等学校音楽科 ロシアンメソッド専攻」運営支援
  • 「ロシアンメソッド英才教育プログラム モスクワ音楽院ジュニア・カレッジ」プロデュース
  • ロシアンメソッド ピアノ教室「シュコーラ」運営支援
  • 「北海道・情熱の日・芸術祭 コンクール シューレ」 寄託賞創設(ESC賞「モスクワでの演奏会開催特典」)
  • 「ロシア音楽留学」支援 他
このページのトップへ

所在地

藤沢事務所

〒251-0046 藤沢市辻堂西海岸3-1-43-209
Tel&Fax 0466-51-8986
e-mail:info@eurasia-staff.net

新倉敷事務所

〒713-8101 岡山県倉敷市玉島上成496-3
Tel&Fax 086-454-4685

モスクワ事務所

35-246 st. Arbat ,119002 Moscow, Russia(Москва,119002, ул. Арбат, 35 офис 246)
Tel&Fax +7(499) 248-1966
e-mail:competition@atcs.pro

このページのトップへ